瀬戸内寂聴「どの季節に死んでも全部使えます」 遺詠の句を作る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴「どの季節に死んでも全部使えます」 遺詠の句を作る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞。

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 半世紀ほど前に出会った97歳と83歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。今回は猫特集にちなんで猫の話。

【横尾忠則さんの写真はこちら】

*  *  *
■横尾忠則「タマにおでん…猫は“人生の必需品”」

 セトウチさん

 今週の本誌は猫特集です。猫の話をさせて下さい。野良で迷い込んだ猫が15年ほどわが家の住人(住猫?)として共生共存してきましたが、6年ほど前に15歳で夭折(ようせつ)しました。最初わが家の勝手口から這入(はい)ってきて、すぐ居候してしまいました。間もなくするとお腹が大きくなってきたのでこりゃ妊娠だ、お腹に卵が入っている、だから、タマゴと命名したのですが、しばらくすると元に戻りました。

 野良の清貧生活のあと、わが家でドカ食い(関西では過食のこと)したために、妊娠していると思ってあんな名にしたのですが、単にぼくの思い違いで、「ゴ」を取ってありきたりの「タマ」にしたというわけです。

 そんなタマを偲(しの)んでレクイエムのつもりで、旅にはキャンバスと絵具を持参、ホテルで寝る前とか朝の時間、それから度々入院時には病室がアトリエになります。現在七十数点になったので、来春辺りに画集と展覧会を計画しています。

 猫は子供の頃から何匹も飼い、上京して一軒家を借りた時は5、6匹、今の家でも多い時は7、8匹いて、交通事故に遭ったり、行方不明になっていつの間にか減ってしまいましたが、猫はぼくにとっては生活必需品なので、猫のいない生活は絵筆を取り上げられたも同然、ぼくのアートに決定的なダメージを与えてしまうので、猫の切れた人生は死そのものです。今や人生の必需品として手放せません。

 現在、事務所に2匹、わが家に1匹。アトリエにも欲しいのですが、留守になることが多いので、思案中です。自分の年齢を考えると猫の方が長生きするので、アトリエは、難しいですね。猫は犬と違って我儘(わがまま)ですよね。アーティストが見習わなければならない点はここです。もうひとつ、猫の無為な生き方です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい