野球の国際大会「プレミア12」は物足りない? 東尾修が提案 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野球の国際大会「プレミア12」は物足りない? 東尾修が提案

連載「ときどきビーンボール」

東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

プレミア12の記者会見に臨む日本の稲葉監督(右端)らB組の監督たち=11月4日、台湾 (c)朝日新聞社

プレミア12の記者会見に臨む日本の稲葉監督(右端)らB組の監督たち=11月4日、台湾 (c)朝日新聞社

 国内に目を移すと、秋季キャンプが各球団で行われている。DeNAやオリックスのように、投手と野手で分かれて分離キャンプを行う球団もある。確かに、この時期は、自分のテーマに取り組む時間が多い。しかも、1、2軍、育成といったすべてのレベルの選手に縦割りで目配りするには、分離キャンプは効率的に思える。

 毎年言うことだけど、若手選手には短期的でいいから、明確なビジョンを描いてほしい。来年2月のキャンプまでにこういうことだけはやる、といったことなどだ。陥りやすいのは、今季できなかったことをできるようにしようと目先の発想にとらわれ、自分の目指すべき方向からずれ、特長を見失ってしまうこと。選手は結果を残せなければ4、5年でクビとなってしまうから、長期的ビジョンを描くことは難しいが、少しでもスケールの大きい選手を目指してほしい。

週刊朝日  2019年11月22日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい