石田ゆり子、福山雅治と映画初共演 恋人役で気をつけたこととは?

2019/11/05 11:30

 可憐な姿が「奇跡のアラフィフ」の代名詞になっている石田ゆり子さん。平野啓一郎原作の映画「マチネの終わりに」で、福山雅治演じるギタリストと恋に落ちるジャーナリスト・洋子を演じた。「洋子を演じられて幸せだった」と語る石田さんに、仕事や美の秘訣について聞いた。

あわせて読みたい

  • 石田ゆり子、今年もカワイさが止まらない…素顔はやり手のキャリアウーマン

    石田ゆり子、今年もカワイさが止まらない…素顔はやり手のキャリアウーマン

    dot.

    1/11

    石田ゆり子は同じニットを20年愛用 “モノ持ちがいい”俳優たち

    石田ゆり子は同じニットを20年愛用 “モノ持ちがいい”俳優たち

    dot.

    4/12

  • 福山雅治がクラシックギターを見事習得、映画『マチネの終わりに』のメインテーマ奏でる

    福山雅治がクラシックギターを見事習得、映画『マチネの終わりに』のメインテーマ奏でる

    Billboard JAPAN

    6/18

    福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    AERA

    2/11

  • 福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    AERA

    10/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す