「移動に新たな体験価値を」という発想から誕生した無料ハイヤーに乗ってみた (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「移動に新たな体験価値を」という発想から誕生した無料ハイヤーに乗ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
記者の目の前に現れた無料ハイヤー(撮影/秦正理)

記者の目の前に現れた無料ハイヤー(撮影/秦正理)

社内では加熱式タバコ「プルーム・テック」が吸い放題(撮影/秦正理)

社内では加熱式タバコ「プルーム・テック」が吸い放題(撮影/秦正理)

皮張りのソファーでゆったり(撮影/秦正理)

皮張りのソファーでゆったり(撮影/秦正理)

 現在はJTが提供する車両が中心だが、ゆくゆくは拡充を考えている。

「たとえば化粧品会社さんの提供でしたら、車内で化粧品を試せるとか、飲料メーカーさんであればドリンクやアルコールを飲めるというふうに、サービス内容はさまざまに広がると考えています。実際に興味を示していただいている企業さんは数多くあります」(担当者)

 アプリに登録する際に答えたアンケートによって、利用者の嗜好などを分析。将来的には利用者の属性にあった車両を配車することを目指す。

「理想は東京中、日本中で広告体験ができる“無料ハイヤー”が走り、“未来の移動”が実現すること」(担当者)

 nommocの社名の由来を聞くと、「common(一般的)をひっくり返した」という。“移動を無料に”。常識をひっくり返すその取り組み、試してみてはいかがだろうか。(本誌 秦正理)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい