年をとると「うつっぽく」なる? 帯津医師「病気のうつと区別付きにくい」

ナイス・エイジングのすすめ

ヘルス

2019/10/21 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「うつと付き合う」。

あわせて読みたい

  • 高齢者の10%が「うつ」経験者 抗がん剤や胃薬で発症も

    高齢者の10%が「うつ」経験者 抗がん剤や胃薬で発症も

    週刊朝日

    11/21

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    「心」が元気になれば、がんでも長生き 心の平穏を保つ3つの方法

    週刊朝日

    12/8

  • コロナ禍の「冬季うつ病」に要注意! 医師が教える3つの対策法

    コロナ禍の「冬季うつ病」に要注意! 医師が教える3つの対策法

    週刊朝日

    11/16

    日本の高齢化と孤独……精神科医と考える「どうして高齢者のうつは増えたのか?」

    日本の高齢化と孤独……精神科医と考える「どうして高齢者のうつは増えたのか?」

    dot.

    1/4

  • 「認知症だって悪くはない」二人の医師が説くナイス・エイジング
    筆者の顔写真

    帯津良一

    「認知症だって悪くはない」二人の医師が説くナイス・エイジング

    週刊朝日

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す