追悼・金田正一さん「400勝、No.1」の偉業を江本孟紀が解説 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

追悼・金田正一さん「400勝、No.1」の偉業を江本孟紀が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
巨人の球団創設80周年を記念した始球式対決後に長嶋茂雄さん(左)に声をかける金田正一さん=2014年 (c)朝日新聞社

巨人の球団創設80周年を記念した始球式対決後に長嶋茂雄さん(左)に声をかける金田正一さん=2014年 (c)朝日新聞社

 球界のレジェンド、金田正一(かねだまさいち)さんが10月6日、亡くなった。86歳だった。前人未到の通算400勝を誇ったスター選手だった。

【写真】“血気盛んすぎ”で大暴れ!ロッテ監督時代の金田正一

 国鉄スワローズ~読売ジャイアンツを通じて、通算奪三振4490など、プロ野球記録を数多く打ち立てた。14年連続20勝以上&200奪三振以上&300イニング以上も達成。こうした記録は、今後も破られることはないとされる。

 1958年の国鉄時代、開幕戦で巨人の新人の長嶋茂雄から4三振を奪ったことは今も語りぐさだ。

「本当に偉大な選手だった。面倒見が良い人で、よく食事やゴルフに誘ってもらった」

 こう悲しむのは交流の深かった江本孟紀氏(72)。

「時代が違うので比較しにくいが、400勝を超えるピッチャーは永遠に出てくることはない。今なんて200勝だって難しい。金田さんは400勝したという自負が強かったが、それだけのことを口だけではなく実際にやってきた人」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい