【家つまみ】秋の甘い生活を堪能 贅沢なぶどうのコンフィチュール 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】秋の甘い生活を堪能 贅沢なぶどうのコンフィチュール

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
ぶどうのコンフィチュール  (撮影/写真部・松永卓也)

ぶどうのコンフィチュール  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
ぶどうの皮は捨てないでお茶用パックに詰め、ぶどうを煮詰めるときに使う。  (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】
ぶどうの皮は捨てないでお茶用パックに詰め、ぶどうを煮詰めるときに使う。  (撮影/写真部・松永卓也)

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとつまみ」。今回は「ぶどうのコンフィチュール」。

【作る時のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 これ、おいしいのです。ぶどうのコンフィチュール。デラウェアの小さな甘酸っぱい実で作るのも楽しいのですが、たまには大きな種なしピオーネを使って、作ってみませんか?

 私はいつも、ハサミを使って鍋の上でぶどうの実を半分に切り、皮をむいていきます。大きさ的にも食べやすいですし、このほうが皮もスイスイむけるのです。鍋の上で作業するのはもちろん、こぼれ出てくる果汁を逃さないためです。

 むいたぶどうの皮は、家にあるお茶用パックなどにどんどん入れていってください。ぶどうの皮には抗酸化成分・ポリフェノールがいっぱい。コンフィチュールの美しい鮮やかな紫色の元ですから、捨てないでくださいね。

 ぶどうの皮むきが終わったら、あとはグラニュー糖とレモン汁をかけ、少し水分が出てくるのを待ちます。そして中火でトロトロ煮詰めていくだけです。

 クラッカーにクリームチーズをのせて、その上にトロンとしたぶどうの実をのせて食べてみてください。この噛み応えがたまりません。ヨーグルトにかけるのもおすすめです。秋の「甘い生活」、堪能してみてください。

(構成/赤根千鶴子)

■ぶどうのコンフィチュール

【材料】(作りやすい分量) 種なしピオーネ400g、グラニュー糖80g、レモン汁大さじ1

【作り方】(1)ぶどうはよく洗い、鍋の上でハサミで半分に切り、皮をむく。皮は捨てずに取り置き、お茶用パックに入れる。(2)ぶどうにグラニュー糖、レモン汁をふりかけ、20分ほどおく。その後、(1)のパックに入れた皮も加える。(3)鍋を中火にかけ、アクを取り除きながら20分ほどゆるめに煮詰める。皮のパックを取り出し、できあがり。

【ワンポイントアドバイス】
ぶどうの皮は捨てないでお茶用パックに詰め、ぶどうを煮詰めるときに使う。

週刊朝日  2019年10月11日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい