日本で安楽死を合法化してはいけない理由

2019/09/29 08:00

 日本人の安楽死がテーマの新作『安楽死を遂げた日本人』(小学館、1600円※税別)は、欧米の事情を取材し、講談社ノンフィクション賞を受賞した『安楽死を遂げるまで』の続編だ。

あわせて読みたい

  • 「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    「安楽死」の法制化は認められるべきか? 欧州で目立つ合法化の動き

    週刊朝日

    12/6

    1991生まれ、インド出身新人監督が死を通して描いた親子の心の通い合い

    1991生まれ、インド出身新人監督が死を通して描いた親子の心の通い合い

    AERA

    10/27

  • 『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

    『安楽死を遂げるまで』にはいずれ誰もが直面する問題が描かれている------アノヒトの読書遍歴:舛添要一さん(後編)

    BOOKSTAND

    4/23

    安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    安楽死・尊厳死の現在 最終段階の医療と自己決定

    週刊朝日

    1/31

  • 末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

    末期がん患者の最期を見つめ在宅医療の在り方を問う 死と向き合った映画

    AERA

    2/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す