今井絵理子政務官に自民党からブーイング 所属していた芸能事務所が多額献金 交際の元神戸市議は雲隠れ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今井絵理子政務官に自民党からブーイング 所属していた芸能事務所が多額献金 交際の元神戸市議は雲隠れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
今井絵里子政務官(C)朝日新聞社

今井絵里子政務官(C)朝日新聞社

 内閣改造で新しい閣僚の顔ぶれが並ぶ中、副大臣、政務官の人事も一新された。

 注目されるのは、元アイドルグループ、SPEEDのメンバーだった今井絵理子参院議員が当選1回ながら内閣府政務官に大抜擢されたことだ。

「今井は女性活躍やITなどを担当するようだ。政務官、参院なら当選2回で選ばれるのは通例。それが1回の当選、キャリア3年で実績もない今井がなんで、いきなり政務官なんだと嫉妬の声しきりです」と今井氏と同じ麻生派の参院議員。

 3年前の参院選、全国比例で当選してバッジをつけた今井氏。だが、これまで今井議員が注目を浴びたことと言えば、神戸市議だった橋本健氏との不倫騒動ぐらい。新幹線で2人で手をつなぎ、同じホテルに泊まっていたことが週刊誌に暴露された。橋本氏はその後、政務活動費の架空請求が明らかになり、神戸地検に詐欺罪で起訴された。2018年10月に懲役 1 年 6 月執行猶予 4 年の有罪判決が言い渡され、確定している。

 だが、今井氏は不倫を否定しながらも、<現在、私今井絵理子は元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております>と橋本氏と交際継続をブログで宣言。今井議員の所属する麻生派のベテラン議員がこう眉をひそめる。

「橋本氏は貴重な税金をだまし取ったと思われても仕方ない事件を起こした。政治家としてあるまじき行為だ。それに橋本氏は離婚が成立していないと報じられているよね。それにもかかわらず、堂々と交際とは、国会議員が普通、そんなことするかね。こんなのを政務官にして大丈夫なのか?官邸は身体検査したのかな?」

 今井議員の政治資金収支報告書を見てみると、2017年11月公表の自由民主党党参議院東京都参議院比例区第96支部の報告書にはSPEED時代の所属事務所、ライジングプロ・ホールディングスなどその関連の会社、4社から150万円づつ、合計で600万円の寄付を受けている。ライジング社の代表は約25億円の所得を隠し法人税約9億円を脱税した、法人税法違反容疑で逮捕され、実刑判決が確定している。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい