LiLiCo「レオとブラピの引き締まった身体も…」タランティーノ監督最新作

週刊朝日
監督 クエンティン・タランティーノ/30日からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開/161分
拡大写真

監督 クエンティン・タランティーノ/3...

 1969年、全世界を震撼させたカルト集団によるシャロン・テート惨殺事件をモチーフに、タランティーノが映画の夢を詰め込んだ監督第9作が「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」。60年代の街並み、ファッション、音楽など彼らしい細部へのこだわりも見どころ。

【「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の場面写真はこちら】

 リック(レオナルド・ディカプリオ)はピークを過ぎたテレビ俳優。映画スターへの道がなかなか拓けず焦る日々。

 そんなリックを支えるクリフ(ブラッド・ピット)は、彼に雇われた付き人でスタントマンで、そして親友。完璧な二人だったが、時代は彼らを必要としなくなっていた。

 ある日、リックの家の隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。リックたちにはない輝きを放つ二人。リックは俳優として再び光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタンに出演することを決意するが──。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」1969年8月9日、それぞれの人生を巻き込み、映画史を塗り替える事件は起きる。30日からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック