逆に命の危険も!? 熱中症対策のミニ扇風機に注意

永井貴子週刊朝日
「このミニ扇風機、すっごくいいよお」
「風、ぬるくない?」
「えー、へいき」

【写真】斬新!テレビマンに人気の「かぶる扇風機」とは?

 帰宅ラッシュで混雑する駅のホームで、女性ふたりの会話が飛び込んできた。女性の手には、今年の売れ筋商品、持ち歩きタイプのミニ扇風機(ハンディーファン)が握られていた。

 猛暑となったこの夏。女性誌は、ミニ扇風機を付録につけて売り上げ増を狙い、街中では、首にかけるハンズフリー型のミニ扇風機もよく見かけた。

 だがこの便利そうなアイテム、注意が必要そうだ。

「暑い屋外で、扇風機だけを使っていると、逆に熱中症を招く危険もあります」

 そう警告するのは、江東病院(東京都江東区)の三浦邦久副院長だ。ミニ扇風機がはやりだした昨夏から、「扇風機で風をあてていたのに、倒れた」と口にする患者が出始めたという。

 なぜなのか。

「汗は蒸発するときに、体から熱を奪い、体温を下げる役目をします。だが、高い外気温のなかで扇風機だけを使うと、熱を奪う前に汗だけが乾き、体温は上がったままになる。脱水症状を引き起こし、重症化すれば命の危険もあります」(三浦副院長)

 ミニ扇風機を首あたりに向けるおなじみの光景も、暑さによっては、実は危ない行為だという。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック