終末医療の現場「野の花診療所」 死にゆく人のすごさ 穏やかさ

病院

2019/08/27 08:00

 山陰・鳥取の一角に、終末医療の拠点「野の花診療所」はある。寝そべったまま入れる風呂にピアノを弾けるラウンジなどを備え、患者はそれぞれ最後のときを過ごす。19床と小規模で経営も楽ではないが、「生も死も柔和に受け入れたい」と徳永進院長は心を砕いている。先生、死を迎えるって、どんなふうですか?

あわせて読みたい

  • 「花はケチらんといて」 ホスピス院長が語る“看取りの現場”

    「花はケチらんといて」 ホスピス院長が語る“看取りの現場”

    週刊朝日

    11/11

    “まぁるい死”に近づくように…医師が「看取り」を書き続ける理由

    “まぁるい死”に近づくように…医師が「看取り」を書き続ける理由

    週刊朝日

    11/12

  • 終末医療の現場から 徳永院長「ぼくもぼくなりに、最後までワカラナイ」

    終末医療の現場から 徳永院長「ぼくもぼくなりに、最後までワカラナイ」

    週刊朝日

    8/27

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    2千人以上看取った在宅医が語る「延命治療をやめるタイミング」とは

    dot.

    3/12

  • 死に備える「効率主義」=「終活」は是か非か ホスピス院長が考える“死”

    死に備える「効率主義」=「終活」は是か非か ホスピス院長が考える“死”

    週刊朝日

    4/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す