作新学院の林勇成が本調子でなくてもノーヒット・ノーランまであと一歩と迫った理由とは? 

2019/08/16 21:19

 作新学院(栃木)のエース・林勇成が16日の第101回全国高校野球選手権大会3回戦で岡山学芸館を相手にあわや無安打無得点(ノーヒット・ノーラン)試合達成という快投を演じた。もし達成されれば、第80回(1998年)決勝の横浜(東神奈川)・松坂大輔以来、21年ぶりの大記録だった。

あわせて読みたい

  • 佐々木朗希、一流投手と比べても“別格” 既に異次元の域に到達もピークはまだ先

    佐々木朗希、一流投手と比べても“別格” 既に異次元の域に到達もピークはまだ先

    dot.

    4/18

    PL学園が「最後のセンバツ」で経験… 悔しすぎる“大記録未遂”

    PL学園が「最後のセンバツ」で経験… 悔しすぎる“大記録未遂”

    dot.

    3/21

  • 決め手はあの本塁打!横浜前監督らが見る甲子園ベストナイン2016

    決め手はあの本塁打!横浜前監督らが見る甲子園ベストナイン2016

    週刊朝日

    8/24

    プロ野球でも、メジャーでも達成されていない偉業を高校生が... 前人未踏のノーノー

    プロ野球でも、メジャーでも達成されていない偉業を高校生が... 前人未踏のノーノー

    dot.

    7/21

  • 完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    dot.

    3/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す