作新学院の林勇成が本調子でなくてもノーヒット・ノーランまであと一歩と迫った理由とは? 

2019/08/16 21:19

 作新学院(栃木)のエース・林勇成が16日の第101回全国高校野球選手権大会3回戦で岡山学芸館を相手にあわや無安打無得点(ノーヒット・ノーラン)試合達成という快投を演じた。もし達成されれば、第80回(1998年)決勝の横浜(東神奈川)・松坂大輔以来、21年ぶりの大記録だった。

あわせて読みたい

  • PL学園が「最後のセンバツ」で経験… 悔しすぎる“大記録未遂”

    PL学園が「最後のセンバツ」で経験… 悔しすぎる“大記録未遂”

    dot.

    3/21

    夏の甲子園、大逆転はなぜ起こった? 光った采配、疑問が残った采配【西尾典文】

    夏の甲子園、大逆転はなぜ起こった? 光った采配、疑問が残った采配【西尾典文】

    dot.

    8/16

  • 完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    完投してない投手が完封? 広島・野村祐輔も経験したセンバツの“超珍事”

    dot.

    3/28

    伝説の左腕・江夏豊を襲った悲運…34人連続アウトなのに負け投手に

    伝説の左腕・江夏豊を襲った悲運…34人連続アウトなのに負け投手に

    dot.

    2/28

  • 昨年、金足農と激闘を繰り広げた近江の林優樹 自責点1で東海大相模に敗れる

    昨年、金足農と激闘を繰り広げた近江の林優樹 自責点1で東海大相模に敗れる

    週刊朝日

    8/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す