食品表示は抜け穴だらけ! “危ない食品”の見分け方

2019/07/21 08:00

 スーパーやコンビニで売られているさまざまな食品。ラベルを見ると、甘味料や発色剤、保存料などとして難しそうな添加物の名前が並ぶ。現在、日本で認められている食品添加物は約1500種類に上る。中には発がん性の疑いや安全性への懸念が指摘されているものも含まれる。“危ない食品”から身を守るためにはどうすべきか。表示のポイントなど、見分け方を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • 「糖質ゼロ」は要注意! 人工甘味料で免疫力低下、肥満リスクも

    「糖質ゼロ」は要注意! 人工甘味料で免疫力低下、肥満リスクも

    週刊朝日

    3/15

    ハムや明太子にもアレが... 40代から食べるならどっちがいいの?

    ハムや明太子にもアレが... 40代から食べるならどっちがいいの?

    BOOKSTAND

    6/28

  • 即席めんは「ゆでた湯を捨てる」 プロが指摘する「食べてはいけない」もの

    即席めんは「ゆでた湯を捨てる」 プロが指摘する「食べてはいけない」もの

    週刊朝日

    2/13

    「天然=安心」ではない 添加物を怖がりすぎない

    「天然=安心」ではない 添加物を怖がりすぎない

    AERA

    7/19

  • 中国で加工した焼き鳥が「国産」? そのカラクリは

    中国で加工した焼き鳥が「国産」? そのカラクリは

    AERA

    8/20

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す