石川遼3年ぶりV 丸山茂樹が若手に「もったいないプレーが多すぎ」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

石川遼3年ぶりV 丸山茂樹が若手に「もったいないプレーが多すぎ」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

タイガーばりの歓喜だねっ(時事)

タイガーばりの歓喜だねっ(時事)

 3年ぶりのツアー優勝を果たした石川遼選手。丸山茂樹さんは、その成長を語る。

*  *  *
 テレビ解説のお仕事で、国内メジャーの「日本プロ選手権」(7月5~7日、鹿児島・いぶすきGC)を見てきました。石川遼(27)が3年ぶりのツアー優勝を果たしました。

【写真】タイガーばりの歓喜!優勝を果たした石川遼選手の表情がこちら

 本人の勝ちたいという強い気持ちだったり、勝負に対する「このワンチャンスをものにしたい」という気持ちだったり、集中力だったり。そういう部分で、誰よりも勝ってたっていうのは間違いないですね。

 あとは、遼のいいプレーももちろん目立ったんですけど、もうちょっとね、若手がしっかりしなくちゃいけないのかな、という気もしますね。みんなもったいないプレーが多すぎます。一つひとつのプレーを見れば、あれだけできる、あれだけ打てるのに……。遼にプレーオフで負けた韓国の黄重坤(ハンジュンゴン・27)もそうですけど、もったいないですよね。すべてが。

 遼みたいに、勝つためにこのホールをどう攻略するかっていう気持ちを、もう少し高めないといけないですね。以前は遼もどこでもドライバーを打ったり、どこでも無理に攻めたりってところがあったんですけど、そういう贅肉(ぜいにく)もとれてきたんですね。自分自身としっかり向き合うようなコースマネジメントがうまくできてる気がしますし、そういう意味では、ほかの若手も早くそういうところに気づいてほしい。ムダをなくすっていう努力をしないといけないですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい