G20 警備の“お堀ダイバー”ってどんな人? 一之輔が勝手に妄想 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

G20 警備の“お堀ダイバー”ってどんな人? 一之輔が勝手に妄想

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

 お堀の泥をかき分け危険物を探す。梅雨時のヘドロは粘りが緩く探索も楽だ。今日はいつもより早く任務が終わった。「異常なし!」上司に報告し終えると、チームの若手・堀込が不満げな顔をしている。彼は信州・松本城の警備を任された家の三男で、1カ月前に大阪に転入してきたばかりの生真面目な男だ。

「……本当に大丈夫でしょうか?」「何か気になるか?」「丸太橋の上手から3本目の柱、底から80センチの8時の位置に3センチ弱の黒く丸いものが……」「タニシだろ」俺は即答した。俺も見たが、あれはタニシだ。「タニシにしては光沢がキツいような……」「タニシだ」「自分は疑問に感じます!」堀込は俺を睨んだ。「タニシ!」「違いますっ!」「強情だな……よし、採ってこい! だがあれは絶対にタニシだっ!」「行ってきますっ!」お堀に飛び込むとすぐに堀込が戻ってきた。手のひらには黒いかたまり。どう見てもタニシ……。

「やっぱりタニシじゃないか(笑)」「確かめますっ!」と叫ぶと堀込はその不審物(たぶんタニシ)を口に含んだ。その瞬間、私の目の前に堀込の頭部が爆風と共に吹き飛ぶさまがよぎった。「よせっ! 早まるなっ!!」「ゴリ……」硬いものが歯で砕ける嫌な音。「おえ~! やっぱりタニシ(笑)」一同の笑い声。だが俺は笑えない。もし爆発物だったら堀込は死んでいた。それは堀込の疑念を軽んじた俺の責任だ。「バカヤロウっ! 万が一のことを考えろっ!!」「はい! 以後気をつけます!」堀込の目はまた俺を見据えていた。こいつは全てわかった上で俺を試している……。俺にもいい好敵手ができたようだ。

「すまん、みんな。もう一度潜水服を着てくれ!」俺はそう叫ぶと皆より先にお堀に飛び込んだ。すぐさま堀込が後に続く。妻よ、今日は帰りが遅くなる。

 23年後のG25では長男・潜が堀込の部下として加入します!!

週刊朝日  2019年7月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい