「おしん」令和に再注目 「なつぞら」ヒロインよりスゲー (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「おしん」令和に再注目 「なつぞら」ヒロインよりスゲー

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日#ドラマ
「なつぞら」のヒロインを務める広瀬すず(右)と「おしん」のヒロインを務めた小林綾子 (c)朝日新聞社

「なつぞら」のヒロインを務める広瀬すず(右)と「おしん」のヒロインを務めた小林綾子 (c)朝日新聞社

「『なつぞら』のヒロインよりスゲー」「面白すぎる」

 現在NHK BSプレミアムで午前7時15分から再放送中の連続テレビ小説「おしん」が、巷の声やSNS上などで再び注目を集めている。

【写真】可愛い!「おしん」時代の小林綾子がこちら

 1983年から84年にかけ放送された。山形県の貧しい農家に生まれたおしんがさまざまな経験を重ねながら成長、やがて大成功を収める一代記。「おしんの“しん”は辛抱の“しん”」という名ぜりふも話題になり、平均視聴率52.6%と、テレビドラマ史上最高視聴率記録を持つ作品だ(ビデオリサーチ調べ)。

「橋田壽賀子さんの脚本による密度の濃さがとにかくすごい。常に正面から闘っているおしんの強さも、魅力の一つです」

 と、ドラマ評論家の田幸和歌子さんは言う。

 一方、朝ドラ最新作の「なつぞら」は地上波版の視聴率は20%前後を維持しているものの、昭和の名作の再放送に思わぬ余波を受けている。

 BSでの放送は「おしん」の直後、7時30分から。幼いころに戦争を体験し北海道へ連れてこられて育ったヒロインが東京に戻り、アニメーターとして活躍する物語だ。

「朝ドラ100作目ということもあり、それこそ『おしん』の小林綾子さんや『純ちゃんの応援歌』の山口智子さんら歴代ヒロインが続々と出演していることでも話題。『おしん』をセット放送しているのも、100作目を盛り上げるためだったと思います」(田幸さん)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい