マイクロプラスチック、日本の海は世界平均の27倍…人体に影響ないのか?

2019/06/24 16:00

 プラスチック製ストローの使用中止やレジ袋有料化の動きが目立ってきた。背景には、プラスチックが細かく砕けた「マイクロプラスチック」(MP)が海や川に増えていることがある。日本周辺の海に漂う量は世界平均の27倍という。ヒトが取り込むことで健康への影響も心配される。有効な対策はあるのか。ジャーナリストの桐島瞬氏が迫る。

あわせて読みたい

  • 人間にも害がおよぶ可能性も? 増え続けるマイクロプラスチック

    人間にも害がおよぶ可能性も? 増え続けるマイクロプラスチック

    dot.

    1/15

    プラごみが魚の総重量を上回る! そのストローが環境を破壊

    プラごみが魚の総重量を上回る! そのストローが環境を破壊

    AERA

    9/22

  • スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制

    スタバ、マックの「脱プラ」 契機はG7と中国のプラごみ輸入規制

    AERA

    9/9

    「使い捨てはダサい」海洋プラスチック専門家“プラなし生活”のススメ

    「使い捨てはダサい」海洋プラスチック専門家“プラなし生活”のススメ

    AERA

    1/31

  • プラスチック・フリー生活を目指して。「蜜蝋ラップ」をつくってみよう

    プラスチック・フリー生活を目指して。「蜜蝋ラップ」をつくってみよう

    tenki.jp

    3/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す