「6月の花嫁伝説」の発祥の地は吉原だった?…春風亭一之輔の創作小話 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「6月の花嫁伝説」の発祥の地は吉原だった?…春風亭一之輔の創作小話

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。6月7日に書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。6月7日に書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が刊行されました!

イラスト/もりいくすお

イラスト/もりいくすお

八「はー、売れっ子だ」

隠「だが、この水無月花魁には故郷に将来を言い交わした男がいた。水無月はその男に操を立て続けたんだよ」

八「えー!? だって花魁でしょ! 無理でしょう!」

隠「白無垢がな……一晩かけても脱げないんだよ。帯の結び目やら紐やらが固くて、そのうえ十二単衣のように何枚も重ね着してるから、どんな客がかかっても裸にできない。初めは怒って帰る客もいたがそのうちそれが名物になり、色気も相まって『何もせずとも花嫁姿の水無月と一晩過ごせれば本望』という客が押し寄せた。年が明け、自由の身となり故郷に帰った水無月。その男と一緒になり、その折には馴染み客から沢山の祝いが届き、皆に祝福され幸せな花嫁となった。それ以来だよ。日本でも 『六月(水無月)の花嫁は幸せになる』と言われるようになったのは……」

八「……なるほど、じゃ日本の『六月の花嫁』の元祖はその水無月花魁ってことですね? で、今日のソープランドまで続いたということですか?」

隠「そうだね」

八「なるほど、聞いてみなきゃわからねえなあ! またひとつ利口になりましたわ!」

 ……みたいな作り話をつらつら書いてみた。結局何が言いたいかというと『六月の花嫁』って店名、傑作じゃないですか?

週刊朝日  2019年6月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。新刊書籍『春風亭一之輔のおもしろ落語入門 おかわり!』(小学館)が絶賛発売中!

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい