民間・自治体で広がる認知症“予防サービス”と“保険”

シニア

2019/06/14 08:00

 団塊世代が後期高齢者となる2025年には、65歳以上の5人に1人に当たる約700万人が認知症を患うと見込まれている。「人生100年時代」に備えた認知症専用の保険商品が注目を集めている。

あわせて読みたい

  • 認知症による損害賠償への備え あなたの親は大丈夫?

    認知症による損害賠償への備え あなたの親は大丈夫?

    週刊朝日

    1/26

    認知症の外出時トラブル保障も 知っておきたい安心制度

    認知症の外出時トラブル保障も 知っておきたい安心制度

    週刊朝日

    10/7

  • 「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    「認知症を支える街」が全国に増加 54の自治体が保険による救済制度導入

    週刊朝日

    11/6

    認知症高齢ドライバーの暴走 損害賠償で家族の負担は?

    認知症高齢ドライバーの暴走 損害賠償で家族の負担は?

    週刊朝日

    11/11

  • 認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    認知症の親が他人に損害与えたら…「国の救済制度が必要」と医師

    AERA

    3/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す