いま問われるバブルの失敗の本質 3人の特ダネ記者が激白 問題先送りが招いた「失われた30年」

2019/05/30 10:19

 令和の時代に入ったとたん、米中の対立が深刻になり、景気の先行きが怪しくなってきた。経済に限らず、孤独死や認知症患者の急増など、これからの数十年には様々なリスクが想定される。厳しい将来に備えるため必要なのは、過去の失敗に学ぶこと。そのためにいまやるべきは、日本を長期低迷させたバブル崩壊の検証だ。今回は、問題に深く切り込んだ3人の特ダネ記者に、失敗の本質について語ってもらった。

あわせて読みたい

  • “失われた10年”に過剰接待「ノーパンしゃぶしゃぶ」があった!

    “失われた10年”に過剰接待「ノーパンしゃぶしゃぶ」があった!

    週刊朝日

    3/3

    「一生、取り立てる」 不良債権の取り立てに奮闘するトッカイ(特別回収部)の攻防

    「一生、取り立てる」 不良債権の取り立てに奮闘するトッカイ(特別回収部)の攻防

    BOOKSTAND

    8/2

  • 気骨のジャーナリストが書き上げたバブル崩壊後の闇 「その他大勢」に光を当てる

    気骨のジャーナリストが書き上げたバブル崩壊後の闇 「その他大勢」に光を当てる

    AERA

    6/14

    都市銀行、野村証券、ゆうちょ銀行とも競合 地銀が潰れていく理由

    都市銀行、野村証券、ゆうちょ銀行とも競合 地銀が潰れていく理由

    週刊朝日

    10/21

  • 「政治」と「検察」の力関係はいかに変化したのか…背景に護送船団崩壊と検察不祥事

    「政治」と「検察」の力関係はいかに変化したのか…背景に護送船団崩壊と検察不祥事

    dot.

    7/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す