「自分は女優には向いていない」高橋惠子を変えた転機

2019/05/14 16:00

 少女時代は、声を出して笑ったことがなかった。そのことに気づいたのは15歳。高橋惠子さんが中学生でスカウトされ、映画への出演が決まり、プロデューサーや監督の前で、本読みをすることになったときのことだ。

あわせて読みたい

  • 藤原竜也から亡き蜷川幸雄へ別れの言葉「蜷川さんにはほぼ憎しみしかないけど…」

    藤原竜也から亡き蜷川幸雄へ別れの言葉「蜷川さんにはほぼ憎しみしかないけど…」

    週刊朝日

    12/29

    「ずっと蜷川幸雄を演じている」蜷川さん自身が語った家での“素顔”

    「ずっと蜷川幸雄を演じている」蜷川さん自身が語った家での“素顔”

    AERA

    5/19

  • 出演者全員が男性の舞台 菅田将暉が「ロミオ」に挑む

    出演者全員が男性の舞台 菅田将暉が「ロミオ」に挑む

    週刊朝日

    7/19

    蜷川幸雄 妻と「何カ月で別れるか」賭けられてた?

    蜷川幸雄 妻と「何カ月で別れるか」賭けられてた?

    週刊朝日

    1/14

  • 藤原竜也、蜷川実花監督作品出演に「言葉にするのは難しい」と語った真意

    藤原竜也、蜷川実花監督作品出演に「言葉にするのは難しい」と語った真意

    AERA

    7/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す