【悩み相談】出世競争に負けた…前川喜平の答えは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【悩み相談】出世競争に負けた…前川喜平の答えは?

連載「前川喜平の”針路”相談室」

このエントリーをはてなブックマークに追加
前川喜平週刊朝日#前川喜平

 文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は、出世競争に負け、人間関係に悩む50代男性からの相談です。

*  *  *
Q:職場の後輩に、すごく優秀なヤツがいて、そいつが自分を超えていきました。こいつに対し、自分はこれから、どういうスタンスで接し、生きていったらいいのか教えてください。(愛知県・56歳・男性・会社員)

A:ふうむ。短いご質問ですが、何だか感情がにじみ出ていますね。「そいつ」とか「ヤツ」とかいう言葉の端々に、あなたの面白くない気持ちが表れています。

 確かに、働いていると、どうしたって仕事の評価は気になるし、組織で上にいくということが大きな意味を持つかもしれない。だけど、職場における評価が自分の幸せに直結するわけじゃありません。自分の人生で何が幸せかという問題になりますが、例えば巨額の富を築いた末に、特別背任などの容疑で逮捕・起訴されたカルロス・ゴーン日産前会長の人生は幸せなのか。僕は人間の幸せって、出世や金儲けだけじゃないと思うし、本当に大事なことは他にあると思う。

 それに、優秀だからいい人間とも限りません。優秀だけど、人間として嫌なヤツだってたくさんいます。私が以前いた文部科学省でも、仕事ができるけど、人間的に尊敬できない人はたくさんいました。組織の上からは仕事ができるように見えた人が、下にとっては全く仕事ができない人だったというケースもたくさんありました。有能かどうかは、人間的魅力とは全く関係のないことです。

 あなたの後輩は、直接あなたの上司になったのか、あるいは違う部署なのかわかりませんが、彼のことが不愉快なら、できるだけ会わないようにするのが良いのではないでしょうか。もし何らかの関わりを持たざるを得ないなら、愛想笑いもせず睨みつけもせず、ただ淡々と、ビジネスライクに接したらいい。とにかく「後輩が自分を超えた」ことにこだわりを持たないことではないでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい