ワニワニパニックが“絶滅危惧種”に! 製造元倒産で部品供給も途絶え…… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ワニワニパニックが“絶滅危惧種”に! 製造元倒産で部品供給も途絶え……

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日
ゲームセンターに置いてあったワニワニパニック。いつ消えてもおかしくない(撮影・田中将介)

ゲームセンターに置いてあったワニワニパニック。いつ消えてもおかしくない(撮影・田中将介)

都内のゲームセンターのワニワニパニックには「優しくしてあげて下さい」と張り紙が。壊れた場合は部品供給が難しいという(撮影・田中将介)

都内のゲームセンターのワニワニパニックには「優しくしてあげて下さい」と張り紙が。壊れた場合は部品供給が難しいという(撮影・田中将介)

  ゲームセンターにいる御馴染みの“ワニ”が絶滅の危機に瀕している。保護するにも手段が乏しく、近い将来、地球上から消滅してしまう可能性もあるという。

 そのワニとは、昭和世代には懐かしい業務用ゲーム機「ワニワニパニック」。穴から出てくるワニをハンマーで叩いて撃退するゲームで、1989年に誕生し、販売は旧ナムコ(2005年にバンダイと経営統合)が手掛けていた。ロングセラーなので平成生まれも一度は見たことがあるだろう。都内のゲームセンターの店主によると、今でもゲーム機の中ではまずまずの売り上げで、子どもだけでなく、酔っ払った大人が懐かしんだり、外国人が楽しんだりしているそうだ。

【画像】ポケベル、シーマ、カール…消えゆく平成の「名品50」

 それが“絶滅危惧種”となりつつあるのは、製造元のアミューズメント機器製造会社KHP(旧ホープ)が2017年、特別精算により倒産したからだ。東京商工リサーチの原田三寛氏はこう説明する。

「ホープが潰れたのはワニワニパニックの不振というより、日本のアミューズメント市場全般的な問題で、ゲームセンターの縮小、アミューズメント産業の衰退が大きい。缶ジュースですら、100円から130円などに値段が上がっているのに、昔からゲームセンターは100円のままですから」

 製造元の倒産で新品の供給は不可能となってしまったが、修理すれば延命できそうなものだ。だが、それも厳しくなってきているという。

 アフターサービスを担うバンダイナムコテクニカによると、現在は保証期間外で、修理には要望があれば対応しているが、「部品があれば」とのこと。

 ゲームセンターからの依頼でワニワニパニックの修理をする企業の男性はこう明かす。

「部品の開発費用と売り上げの採算が合わないので、修理用の部品を新しく作って供給するのは難しくなってきている。バネやゴムなど細かな部品をつくることはありますが、ワニやゲーム機本体などの主要部品や特殊な部品は、メーカーの製造が終わっているのでなかなか手に入らず、修理を請け負うことも難しくなってきています」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい