子どもに「自分はできるはず」と思わせる簡単なコツ 東大卒ママが伝授! (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

子どもに「自分はできるはず」と思わせる簡単なコツ 東大卒ママが伝授!

連載「偏差値29で東大に合格したなっちゃんの ただいま子育て猛勉強中!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山奈津子週刊朝日#教育
杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

杉山・奈津子(すぎやま・なつこ) 1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など

親として「勉強しなさい」と言っているだけではNG。ちょっと工夫して環境を準備してあげることが大切だ(※写真はイメージです)

親として「勉強しなさい」と言っているだけではNG。ちょっと工夫して環境を準備してあげることが大切だ(※写真はイメージです)

 その頃は静岡にいて、東京大学と聞いても漠然としていて名前しか聞いたことがない私には、東大ははるか遠い存在でした。さらに先生や友達が「絶対無理」「受からないよ」と連呼してくるため、自分の中でも「本当に受かるのだろうか?」という疑問が、ちょくちょく湧いてきました。

 勉強に限らずですが、なにかに挑もうとしているときに、「絶対できる」と信じている人と、「できないかもしれない」と不安を抱いている人では、やる気も行動力も驚くほど違ってきます。最初から「できないかもしれない」と疑ってかかる人は、「できなくても仕方ない」「少しランクをさげてもいいか」と自分を甘やかす保険の言葉で、つい怠けてしまいます。この間に、猪突猛進でがんがん行動している人とは、どんどん差がひらいていってしまうのです。

■想像以上にたくさんいる東大生を見て「自分にもやれる」

 そんなときに有効なのは、「自分にもできそうだ」と思えるような環境に入れることです。私は、母親に東大の文化祭に連れていってもらいました。そこで見たのは、想像以上にたくさんいる東大生たちでした。出店で食べ物を売っているのも、歩いているのも、食べているのも全員東大生。このとき自分は、「ああ、こんなに大勢の人が受かるなら、私も受かるかもしれない」と思ったのです。地方の高校でぼんやりとしか想像できなかったものが、一気に現実として身近なものになった瞬間でした。そのように、子どもに、「自分にもやれるかもしれない」という思いを抱かせる環境に連れて行くことこそ、親にできる最大の手助けだと思います。

 最初から「できて当然と思える環境に入れる」というのも手です。私の夫は、ほとんどの生徒が東大に入るような「開成高校」にいました。すると、自然に「自分も東大に入って当たり前」と思うようになりますし、普通なら多いと思えるような勉強量も、周囲も皆やっていると当たり前に感じます。ここの生徒たちにとって、高2の時点で高3の模試を受けるのも、普通のことなのだそうです。おまけに、東大に入るための情報もたくさんはいってきます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい