稀勢の里に「ぜひ名横綱をつくって」 丸山茂樹がエール (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

稀勢の里に「ぜひ名横綱をつくって」 丸山茂樹がエール

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

お相撲さんらしいお相撲さんでした (c)朝日新聞社

お相撲さんらしいお相撲さんでした (c)朝日新聞社

 丸山茂樹氏は、現役を引退した元横綱・稀勢の里への思いを語る。

【現役を引退した元横綱・稀勢の里】

*  *  *
 1月10日に日本を発ちまして、例年通りにロサンゼルスの自宅へ戻りました。

 いやあー、キツくてキツくて。何がって? 時差ボケですよ。米ツアーを回ってるころから苦手でしたけど、時差ボケってトシをとると、年々ダメになりますね。1週間たっても、全然立ち直らないっすよ。

 時差ボケが消えたら、しっかりとしたトレーニングを始めようと思ってます。いまは天気が悪いこともあって、自宅の室内練習場で毎日、軽く打ってる程度ですね。球数も制限しないと、指が痛くなってしまうんで。ベースボールグリップでもね。だから毎日100球以内ぐらいを家で打ってます。

 今後の仕上がり具合にもよりますけど、一応は日本に帰ってから4月10、11日の千葉オープン(千葉・平川CC)にエントリーする予定ではいます。平川で練習してる仲間が多いので、「みんなでいこうか」ってことになりました。

 でも3月中旬に帰国してからもちょこちょこ忙しいんで、そこまでに調整できるかってのも不安ですけどね。まあとにかく、あんまり焦らず、本格的に頑張れるようだったら頑張るし、もう頑張れないならそれで仕方のないことなんで。そんなに気負わずに頑張ろうかなと思ってますけどね。

 さて、日本では大相撲の横綱稀勢の里(32)が引退しました。残念です。2年前ですか、19年ぶりの日本出身横綱として昇進して、いつも毅然とした立ち居振る舞いでね。僕はあの姿が横綱らしくて好きだったんです。それに茨城出身ってことで、僕も半分は茨城の血が入ってるんで、応援してたんですよね。

 相撲が大好きでまっすぐ進んできたのに、けがというのは何とも……。自分もそうですけど、スポーツ選手の性というかね。新横綱で迎えた場所で優勝したけど、大けがも負っちゃって。そこから8場所連続の休場。もともとほとんど休まない人だったから、悔しかったでしょうね。引退の記者会見では「徐々によくなってきましたが、けがする前の自分に戻ることはできませんでした」と打ち明けて、号泣したそうですね。あのときの一瞬の栄光が、引退という結末に結びついちゃったというね。せつないですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい