津田大介「幻想だった? 米都市と地方の対立」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「幻想だった? 米都市と地方の対立」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

米大統領選でトランプ氏の支持者が掲げていたポスター。「サイレント・マジョリティー(声を上げてこなかった本当の多数派)はトランプを支持する」と書かれてある (c)朝日新聞社

米大統領選でトランプ氏の支持者が掲げていたポスター。「サイレント・マジョリティー(声を上げてこなかった本当の多数派)はトランプを支持する」と書かれてある (c)朝日新聞社

 人口10万人超の都市部、人口5千~1万5千人の田舎町、人口5千人未満の農村部に分けて、住民の住宅所有や失業状況、世帯収入や教育、人種・民族的多様性などのデータを調べた。その結果に彼女は驚かされたという。教育を除く大半の指標で、田舎町や農村部の中央値は都市部と同等か、それを上回っていたのだ。

 調査対象となった45州のうち28州で、年収1万ドル未満の極度の貧困世帯の割合は田舎町のほうが都市部よりも低く、また失業率でも40の州で田舎町のほうが都市部よりも低かった。一方、都市部のほうが田舎町や農村部よりも高かったのは、大学卒業者の割合くらいだという。

 つまり、世帯収入や失業率、格差などの経済的状況を比べたところで、都市部と地方との間に著しい違いがあるわけではなかった。にもかかわらず、都市部の金持ちエリート対地方の貧しい労働者という間違ったステレオタイプに基づいて米国が二分され、「ありもしない分断」が作り上げられているとハルケット教授は指摘する。

 もちろん、農村部に貧困、失業、格差に苦しむ労働者がいることは確かだ。しかしそうした問題は、都市部も同様に抱えているのである。

 問題は都市部のエリートと田舎の労働者の対立ではない。アマゾンやネットフリックス、あるいはソーシャルメディアの普及で都市と地方の文化格差は縮まっている。米国社会の本当の分断の種は、ウェブにこそあるのかもしれない。

週刊朝日  2019年1月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい