口腔ケアの実施が「病院経営」を好転させた!? 歯と誤嚥性肺炎の意外な関係

ヘルス

2019/01/27 09:00

 口腔ケアをすることで誤嚥性肺炎を減らすことができ、病院に入院する患者は早期退院が可能になった。足利赤十字病院では、そんな取り組みが奏功し、病院経営にも効果が出ていると言います。「口から考える認知症」と題して各地でフォーラムを開催するNPO法人ハート・リング運動が講演内容を中心にまとめた書籍『「認知症が気になりだしたら、歯科にも行こう」は、なぜ?』では、足利赤十字病院院長の小松本悟医師が、自院の取り組みを報告しています。

あわせて読みたい

  • 要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

    要介護でも食べる機能が向上する「訪問歯科治療」とは? 誤嚥性肺炎の予防にも有効

    dot.

    11/11

    口内細菌が肺に垂れ流し 気づかぬまま進行する誤嚥性肺炎

    口内細菌が肺に垂れ流し 気づかぬまま進行する誤嚥性肺炎

    dot.

    9/4

  • 合併症予防や回復促進に 手術前にしておきたい口腔ケアとスクワット

    合併症予防や回復促進に 手術前にしておきたい口腔ケアとスクワット

    週刊朝日

    4/20

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

    週刊朝日

    4/4

  • 国民の8割がかかる「歯周病」が認知症やがんに関連する理由

    国民の8割がかかる「歯周病」が認知症やがんに関連する理由

    週刊朝日

    1/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す