ゴーン前会長再逮捕でも形勢不利…日産を待ち受ける3つの難題 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ゴーン前会長再逮捕でも形勢不利…日産を待ち受ける3つの難題

このエントリーをはてなブックマークに追加
浅井秀樹週刊朝日
特別背任の疑いで再逮捕されたカルロス・ゴーン日産自動車前会長(c)朝日新聞社

特別背任の疑いで再逮捕されたカルロス・ゴーン日産自動車前会長(c)朝日新聞社

対立を深める日産とゴーン前会長。西川広人社長も無傷ではいられない?!(c)朝日新聞社

対立を深める日産とゴーン前会長。西川広人社長も無傷ではいられない?!(c)朝日新聞社



 三つ目は、英国の欧州連合(EU)離脱に伴う関税問題だ。日産の欧州生産の拠点は英国サンダーランド工場。英国の自動車総生産の3分の1を占め、年50万台近くを生産する。生産車の約8割は輸出され、大半が欧州向け。一方、部品の多くはEUから調達。英国のEU離脱により、完成車の輸出のみならず、調達部品にも関税がかかる可能性がある。

 自動車調査会社カノラマジャパンの宮尾健代表は、日産の部品調達をルノーと一本化して効率化を進めたのがゴーン氏と指摘する。
「英国EU離脱で関税の問題が浮上するのは皮肉だ」

 英国が国民投票でEU離脱を決めた2016年、ゴーン氏はメイ首相と直談判し、サンダーランド工場の競争力維持のため英国政府が支援するとの公約を得た。しかし、英国は隣接するアイルランドとの国境管理問題などに頭を悩ませており、メイ首相が国内をまとめ切れない状況に陥っている。

 日産の前途に垂れ込める濃い霧はしばらく晴れそうにない。
(本誌 浅井秀樹)
※週刊朝日2019年1月4日ー11日号)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい