今は第7次ワインブーム! 感染症屋が語る「経済成長」と「ワイン」の関係性とは?

ワインは毒か、それとも薬か

ライフ

2018/12/11 07:00

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説する。

あわせて読みたい

  • 感染症屋が語るワイン造り 微生物が「恩恵」にも「邪魔」にもなる理由とは?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    感染症屋が語るワイン造り 微生物が「恩恵」にも「邪魔」にもなる理由とは?

    週刊朝日

    1/15

    ヘミングウェーもそうだった!? 「お酒」と「うつ病」発症の因果関係
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    ヘミングウェーもそうだった!? 「お酒」と「うつ病」発症の因果関係

    週刊朝日

    1/1

  • 『神の雫』でも描かれた「メドック・マラソン」は、なぜワインを飲みながら走るのか?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    『神の雫』でも描かれた「メドック・マラソン」は、なぜワインを飲みながら走るのか?

    週刊朝日

    1/8

    コルクが臭すぎる! ソムリエに「ワインを取り換えてくれるかな」と言ってもOK?
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    コルクが臭すぎる! ソムリエに「ワインを取り換えてくれるかな」と言ってもOK?

    週刊朝日

    3/26

  • 「007」ジェームズ・ボンド流「偽ソムリエ」の見分け方? ボルドーワインの歴史
    筆者の顔写真

    岩田健太郎

    「007」ジェームズ・ボンド流「偽ソムリエ」の見分け方? ボルドーワインの歴史

    週刊朝日

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す