今は第7次ワインブーム! 感染症屋が語る「経済成長」と「ワイン」の関係性とは? (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今は第7次ワインブーム! 感染症屋が語る「経済成長」と「ワイン」の関係性とは?

連載「ワインは毒か、それとも薬か」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩田健太郎週刊朝日#ライフ
岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など

岩田健太郎(いわた・けんたろう)/1971年、島根県生まれ。島根医科大学(現島根大学)卒業。神戸大学医学研究科感染治療学分野教授、神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。沖縄、米国、中国などでの勤務を経て現職。専門は感染症など。微生物から派生して発酵、さらにはワインへ、というのはただの言い訳なワイン・ラバー。日本ソムリエ協会認定シニア・ワインエキスパート。共著に『もやしもんと感染症屋の気になる菌辞典』など

経済成長を遂げた中国では再度、ワインブームが起きている。日本でも、経済成長のさなかに何度か起きていたことは、知っているだろう(写真:getty images)

経済成長を遂げた中国では再度、ワインブームが起きている。日本でも、経済成長のさなかに何度か起きていたことは、知っているだろう(写真:getty images)

 感染症は微生物が起こす病気である。そして、ワインや日本酒などのアルコールは、微生物が発酵によって作り出す飲み物である。両者の共通項は、とても多いのだ。感染症を専門とする医師であり、健康に関するプロであると同時に、日本ソムリエ協会認定のシニア・ワイン・エキスパートでもある岩田健太郎先生が「ワインと健康の関係」について解説する。

*  *  *
 ジョージアの西にあるアナトリア産のブドウが、現在のレバノンからフェニキア人によってヨーロッパにもたらされた。V. vinifera ponticaというこのブドウが今日の白ブドウの祖先なんだとか。ちなみに現在の赤ワイン用のブドウの祖先は、エジプトのナイル渓谷のブドウ、V. vinifera occidentalisなのだそうだ。

■同僚のユダヤ人は子どもにワインをなめさせていた

 旧約聖書には「ノアの方舟(はこぶね)」のノアがブドウ畑を作り、ブドウ酒を飲んで酔っ払って裸になったエピソードが記されている。案外、おちゃめだったのだ、ノアさん。旧約聖書によると、ノアが人類史上初めてワインを造った人物なんだそうだ。これより時代がさかのぼる古代バビロニアのギルガメシュ叙事詩にも、ワインに関する記載がある。
 
 ユダヤ人にとって、ワインは欠かせないものだといわれる。過越の祭りには4杯のワインを飲むべし、結婚式には2杯、割礼には1杯飲むべし、そして葬式にも「慰めの杯」が出るのだという。

 そういえば、ぼくは1998年から5年間、ニューヨーク市で研修医をしていたが、同僚のユダヤ人は生まれたばかりの自分の子どもにワインをなめさせていて驚いたものだ。ユダヤ人は子どもの時からワインに親しむのだそうだ。その代わり、「ほどほど」に飲むことを教わっているので、ユダヤ人には酒豪やアルコール依存はいないんだとか(本当かな)。
 
 ユダヤの戒律は厳しく、ワインの製造法も戒律によって厳密に定められているのだという。ユダヤ人は、非ユダヤ人からワインをもらってはならない、という戒律もあるのだそうだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい