一之輔が自分に「バカ! なに調子乗ってんだよ!!」と言ったワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

一之輔が自分に「バカ! なに調子乗ってんだよ!!」と言ったワケ

連載「ああ、それ私よく知ってます。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
春風亭一之輔週刊朝日#春風亭一之輔
春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。JFN系FM全国ネット「サンデーフリッカーズ」毎週日曜朝6時~生放送。メインパーソナリティーで出演中です

(イラスト・もりいくすお)

(イラスト・もりいくすお)

 そして今年、5年目は『ねずみ』『付き馬』『帯久』『意地くらべ』『中村仲蔵』。くたびれた。もう一度言います。くたびれまくった……。初演といえど無様な高座は見せられないですから、ひたすら毎日歩きまくって稽古。職質もされました。「わたし、五夜なんです!」「は? いーから身分証出して!」というやりとりを何度したことか……。

 ようやく5年で完結……と思ってたら、担当者から「来年はサプライズで七夜!」と提示されました。え? なに勝手にサプライズってんの? それに六は? 「新元号になりますし、キリよく七で!」。意味わからない! 「さすがに初演はきついですから、今までの集大成でいきましょう」という趣旨でお互いまとまってたのですが、五夜千秋楽、トリネタの『中村仲蔵』が終わってカーテンコール。「えー……来年は七夜で、初演はなし……のつもりでしたが……ちょっと考えてみます!」と、笑っている私。お客様は無責任に拍手喝采……。俺のバカ! なに調子乗ってんだよ!!

 一体、来年はどうなるのでしょう? そして私の『シーズンオフ』はいつ訪れるのか? 今は、泥のように眠りたい。

週刊朝日  2018年11月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。YouTube「春風亭一之輔チャンネル」ぜひご覧ください!アーカイブもいろいろあります

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい