星野源が“スター”になってからの接し方 松尾スズキが予想 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

星野源が“スター”になってからの接し方 松尾スズキが予想

このエントリーをはてなブックマークに追加
松岡かすみ週刊朝日

松尾スズキ(まつお・すずき)/作家、演出家、脚本家。1962年、福岡県生まれ。88年「大人計画」を旗揚げし、主宰として舞台の作・演出を務めるほか、俳優、映画監督、小説・コラムの執筆など幅広いジャンルで活躍。97年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞を受賞。自身と「大人計画」30周年を記念したイベント「30祭」(SANJUSSAI)が、12月18~30日、東京・南青山「スパイラル」で開催予定。(撮影/小山幸佑・写真部、ヘアメイク/矢口憲一、スタイリング/安野ともこ・コラソン)

松尾スズキ(まつお・すずき)/作家、演出家、脚本家。1962年、福岡県生まれ。88年「大人計画」を旗揚げし、主宰として舞台の作・演出を務めるほか、俳優、映画監督、小説・コラムの執筆など幅広いジャンルで活躍。97年「ファンキー!~宇宙は見える所までしかない~」で第41回岸田國士戯曲賞を受賞。自身と「大人計画」30周年を記念したイベント「30祭」(SANJUSSAI)が、12月18~30日、東京・南青山「スパイラル」で開催予定。(撮影/小山幸佑・写真部、ヘアメイク/矢口憲一、スタイリング/安野ともこ・コラソン)

 劇団「大人計画」主宰の松尾スズキさん。多数の作、演出、出演を務めるほか、小説などの執筆活動や映画監督など、幅広く活躍されています。30周年を迎える劇団への思いに作家の林真理子さんが迫ります。

【クールな表情を見せた星野源がAERAの表紙に登場!】

*  *  *
林:はじめまして。松尾さん、お洋服いつもこんな感じですか?

松尾:いや、今日はいつもよりはちょっと……。

林:ですよね。いつもはわりととがった感じですもんね。松尾さんが主宰なさってる劇団、「大人計画」って、阿部サダヲさんとか宮藤官九郎さんとか、超売れっ子を輩出なさってますよね。

松尾:周りばかりが有名になって、本体はそんなにですけど(笑)。

林:いえいえ。阿部サダヲさんがブレークする前、ここに出ていただき、失礼ですけど、この人が大河ドラマ(「いだてん~東京オリムピック噺~」2019年)の主役をやるとは思ってもみなかったですよ。

松尾:アハハハ。(脚本の)宮藤との合わせ技がなしたことだと思いますけどね。

林:大河は、松尾さんもお出になるんでしょう?

松尾:ええ、僕もチラッと出させていただきます。

林:すごいですね。「大人計画」がジワジワといちばんメジャーなところを席巻しようとしている感じがしますよ。

松尾:席巻しようとしてるわけではないですけど(笑)、それは宮藤君の需要だと思いますよ。

林:阿部さんや宮藤さんはじめ、皆さんが若いころ、松尾さんは「こいつはイケるな」というのがわかってたんですか。

松尾:最初から「すごい才能があるな」と思ったのは阿部、荒川(良々)ぐらいですね。あとはやっていく中で「こいつ、気の利いた演技するな」と思ったりね。笑いの芝居って一朝一夕にはなかなかできなくて、人前で「すべる」という経験をしないと、こうすれば笑うという力学がなかなか体の中に生まれないものなんですね。得手不得手もあるだろうし。

林:はい。

松尾:やっぱり場数というのがあって、本人がウケなくても、周りの人間を見て「こうしたらウケるんだ」と学ぶこともあるし、そういう中でみんな10年以上かけて育っていったということだと思いますね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい