「ママ活」で補導された17歳男子高校生とのお茶の値段は? 「パパ活」より市場は活性化 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「ママ活」で補導された17歳男子高校生とのお茶の値段は? 「パパ活」より市場は活性化

このエントリーをはてなブックマークに追加
田中将介週刊朝日

「ママ活」で男子生徒が補導された… ※写真はイメージです

「ママ活」で男子生徒が補導された… ※写真はイメージです

警察とのいたちごっこはまだまだ続きそうだ ※写真はイメージです

警察とのいたちごっこはまだまだ続きそうだ ※写真はイメージです

 若い女性が年上男性と食事などをする見返りに援助を受ける「パパ活」がブームとなる中、今度は、若い男性が年上女性を誘う「ママ活」をしていたとして、福岡市内の高校2年の男子生徒(17)が補導された。

【関連画像】続くいたちごっこ… 実際の摘発は難しいという

 福岡県警筑紫野署によると、男子生徒の「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」という投稿を発見。署員が身分を隠して連絡を取ると「2時間カフェでまったり会うので7000円」と返ってきたという。県警は、不良行為に当たるとして、待ち合わせ場所で男子生徒を補導した。

「17歳が援助の目的で不特定多数に交際を呼びかけたということで、“不良行為”にあたるため、補導することになりました」(県警担当者)

 県警は男子生徒を補導した後、親に報告し、引き渡したという。

 実際にSNSで検索してみると、プロフィールや希望金額などが書かれたメモとともに、「ママ活募集」の呼びかけが数多く投稿されている。

 出会い系サイトの場合、規制法が存在し、児童を誘引した人物を取り締まることが可能だが、SNSやアプリケーションの場合、法律の適用外になることが多く、実際に摘発することが難しくなるという。

 こうした背景から、警察は、インターネットで援助交際などを持ちかける書き込みを見つけ、児童らと待ち合わせをし、直接指導するサイバー補導にも力を入れているという。

 しかし、「パパ活・ママ活の勢いはとまらない」という。

「今年の夏、ママ活専用のマッチングアプリができた。パパ活のアプリもいくつもあり、乱立している。ママ活アプリの市場が活性化するのはまだこれからです」(エンタメ業界関係者)

 ドラマの存在も欠かせないと芸能評論家の三杉武氏はいう。

「タイトルが『パパ活』というドラマが、dTVやFODで配信され、後にフジテレビでも放送されました。間違いなく、ブームの裏側にテレビの影響はあるでしょう」

 今後「ママ活」が「パパ活」の市場を超える可能性は十分にあるという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい