「生々しい牧水を感じる」俵万智が書いた“スリリング”な評伝

読書

2018/11/11 11:30

「恋は、いつ始まるのだろうか」と冒頭の一文から印象的な『牧水の恋』は、明治生まれの歌人、若山牧水の大恋愛を追った評伝だ。美しい人だったという相手の女性、小枝子には夫と2人の子供がいた。牧水はそれを知らないまま、心を奪われていく。そんな恋の顛末を俵万智さんはスリリングに描き出す。

あわせて読みたい

  • 俵万智が語る“一人息子”の中学受験と寮生活 「中高6年間、毎日ハガキを送りました」

    俵万智が語る“一人息子”の中学受験と寮生活 「中高6年間、毎日ハガキを送りました」

    dot.

    6/30

    俵万智、恋愛は「抜かりなく(笑)」? ”今は大恋愛が成立しづらい時代”と指摘」

    俵万智、恋愛は「抜かりなく(笑)」? ”今は大恋愛が成立しづらい時代”と指摘」

    週刊朝日

    11/23

  • 俵万智、短歌でホストや高校生とつながる「若い人のリズム感ってすばらしい」

    俵万智、短歌でホストや高校生とつながる「若い人のリズム感ってすばらしい」

    週刊朝日

    11/23

    びあんか・うたうら【決定版】

    びあんか・うたうら【決定版】

    週刊朝日

    3/13

  • 穂村弘、どさくさに紛れて長年ファンだった谷川俊太郎のおでこを触る

    穂村弘、どさくさに紛れて長年ファンだった谷川俊太郎のおでこを触る

    AERA

    3/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す