引退の福原愛はキス連発するも台湾でロイヤルファミリー扱い 愛される理由とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

引退の福原愛はキス連発するも台湾でロイヤルファミリー扱い 愛される理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
中学、高校時代に過ごした青森名産のホタテを取り寄せるといい、大きなホタテの実の形を披露した(撮影・大塚淳史)

中学、高校時代に過ごした青森名産のホタテを取り寄せるといい、大きなホタテの実の形を披露した(撮影・大塚淳史)

花束を受け取り、満面の笑みを浮かべる福原愛(撮影・大塚淳史)

花束を受け取り、満面の笑みを浮かべる福原愛(撮影・大塚淳史)

引退会見が行われたホテルオークラ東京には大勢の報道陣が詰めかけた(撮影・大塚淳史)

引退会見が行われたホテルオークラ東京には大勢の報道陣が詰めかけた(撮影・大塚淳史)

 台湾在住のライター細谷悠生さんは、今春台湾で開かれた会見で、福原夫婦のラブラブっぷりの“片鱗”を見たという。

「Peach(日本の格安航空会社)の高雄―沖縄の就航記者会見に行ったのですが、夫の江さんが登場し、『これで(所属する琉球アスティーダ)沖縄から(愛ちゃんのいる)高雄へ行くことができます』とのろけていました(笑)」

 福原は中華圏SNS上で、夫婦のラブラブっぷりが十分わかる多くの写真を投稿している。うっとうしいと思われるどころか、理想の幸せな家族として受け入れられているという。

 楊記者は福原が築く「家族」に対し、温かいまなざしを向けながら、こう語る。

「福原さん夫婦は、台湾で、日本の真珠会社の広告に登場しているのですが、その立ち振る舞いからロイヤルファミリーのような高貴さが漂っています。お子さんも3~4歳と大きくなったら注目されるでしょうね」

 引退して肩の荷が下りた“泣き虫愛ちゃん”。会見の最後まで涙を見せることなく、笑顔のまま会場を去った。

(本誌・大塚淳史)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい