名横綱・輪島さんを襲った咽頭がん 最新治療ではノーベル賞で話題「オプジーボ」も

ヘルス

2018/10/09 15:36

 大相撲の第54代横綱・輪島で、14回の優勝を果たした輪島大士(本名・輪島博)さんが死去した。70歳だった。日本大学相撲部で学生横綱として活躍。1970年初場所でデビューすると、わずか1年で新入幕を果たす。72年には大関に昇進、翌73年に横綱へと上り詰めて角界のスター街道を歩み、北の湖とともに「輪湖時代」として人気を二分した。

あわせて読みたい

  • 胃がん大腸がんより気づきにくい! 注意したい「頭頸部がん」

    胃がん大腸がんより気づきにくい! 注意したい「頭頸部がん」

    週刊朝日

    6/16

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    「しゃべり」も残せる?ワッキーが公表した中咽頭がん 最新の放射線治療の”実力”

    dot.

    6/8

  • がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    AERA

    2/10

    がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    がん細胞を破壊する画期的な治療法は、テレビリモコンと同じ光を当てる? 医師が解説

    週刊朝日

    8/14

  • がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    がん「夢の治療法」となるか 副作用がほとんどない新治療法

    AERA

    3/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す