“痛快な人間関係の本質”『友だち幻想』の魅力を作家が解説

2018/10/09 16:00

 小説家の長薗安浩氏がベストセラーを“解読”する。今回は、『友だち幻想 人と人の<つながり>を考える』(菅野 仁 ちくまプリマー新書 740円 38万部)を取り上げる。

あわせて読みたい

  • 友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える

    友だち幻想 人と人の〈つながり〉を考える

    週刊朝日

    10/3

    友だち

    友だち

    週刊朝日

    3/17

  • どうして君は友だちがいないのか

    どうして君は友だちがいないのか

    5/30

    コロナ禍は人間関係を整理する好機 不安なら「誰が大切か」を決めて

    コロナ禍は人間関係を整理する好機 不安なら「誰が大切か」を決めて

    AERA

    11/15

  • 坂本美雨が共感した吉本ばななの深い言葉「救いの手はふいにやってくる」

    坂本美雨が共感した吉本ばななの深い言葉「救いの手はふいにやってくる」

    dot.

    11/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す