丸山茂樹がタイガー・ウッズに「けがさえなけりゃ82勝いける」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹がタイガー・ウッズに「けがさえなけりゃ82勝いける」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

なんとも深みのある笑顔だねっ (c)GettyImages

なんとも深みのある笑顔だねっ (c)GettyImages

 彼にとっては2度目の長期離脱を経ての復活優勝でした。2013年に前回の優勝をして以降、腰を痛めて4度もの手術。去年の5月には薬物の影響下で車を運転した疑いで逮捕されるなんてこともありました。去年の秋には引退の可能性まで口にしました。それでも今年1月に戻ってきた。いろいろありましたけど、彼自身が自分の力で全部帳消しにしたんですよね。あらゆる逆境を乗り越えて、ゴルフで見返す、ゴルフで魅了するってのが彼のすごさなのかなと改めて思いました。絶対に勝てるという有言実行と、去年の11月に1199位だったワールドランキングを13位まで持ってくる力ですよね。やっぱりこう、もともとの「星」が違いますよ。

 ファンのみなさんにとって、サム・スニード(米)が持つツアー最多の82勝を超えられるかが次の楽しみになりましたね。彼が体調を崩さないで試合に出続けられたら、十分にチャンスがあると思います。それだけじゃなく、ジャック・ニクラウス(米)が46歳のときにマスターズで勝ったみたいなことまで成し遂げちゃうんじゃないかなんて期待しちゃいますよね。

 でもタイガーも42歳です。ほんとに年々何があるか分からない年齢にさしかかってきましたから、先のことは分かりません。でも心の中では、このまま永遠にゴルフ界を盛り上げてもらいたいという気持ちがあります。高い目標を持って、ゴルフ界にその雄姿を見せ続けてほしいです。

週刊朝日  2018年10月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい