広島・新井貴浩引退 東尾修「絶妙の立ち位置で支えた」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

広島・新井貴浩引退 東尾修「絶妙の立ち位置で支えた」

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修
東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

周囲に感謝しながら野球ができる選手だった (c)朝日新聞社

周囲に感謝しながら野球ができる選手だった (c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、今季での引退を決めた広島・新井貴浩選手に言及する。

【今季での引退を決めた広島・新井貴浩選手】

*  *  *
 広島の新井貴浩が現役引退を発表した。本当にお疲れ様と言いたい。4年前に阪神から広島に戻って、チームは常勝軍団となった。もちろん選手個々のレベルアップが前提にあるが、新井が「勝つために何が必要なのか」と、背中で教えてきたからこそ、今のチームがあると思う。

 チームがリーグ3連覇を目前としている中で、引退会見を行うことができる。そして、試合も数多く残しているし、新井のプレーはまだ見ることができる。最高のタイミングでの引き際となるし、これは新井がプロの世界で20年間、野球に真摯(しんし)に取り組んできたご褒美ではないかと感じる。

 周囲に感謝して野球ができる選手だ。名球会のイベントでも率先して物事に取り組んでくれている。ベテランという存在はチームの重荷になってはいけない。常に周囲との距離感を意識して、時折アドバイスを送り、チームを引き締めるくらいがちょうどいい。若手がのびのびと、自分の特長を発揮できる今の広島を見ていれば、新井がどれだけ絶妙の立ち位置でチームを支え続けているかわかる。

 新井は自分のことを「不器用で下手クソ」と話しているが、実直でひたむきに野球に取り組んだからこそ、道は開けたのだと思う。2003年、金本知憲(現阪神監督)が移籍した際に、当時監督だった山本浩二さんが、辛抱強く4番で起用した。まじめであればあるほど、4番という重責を背負ってしまうが、彼は不振であっても、グラウンドでは前を向き続けた。

 私もちょうどプロ生活20年目だった。1988年の中日との日本シリーズ。先発ローテーションから外れた私は第1戦(ナゴヤ球場)で、4−1で迎えた八回無死一、二塁、彦野利勝の打席で先発の渡辺久信をリリーフした。当然、最後まで投げ切るつもりでマウンドに上がったが、当時の森祇晶監督の言葉は「この一人を抑えてくれ」。森監督からすれば、単純に勝つための最善手として、一人を確実に抑えてほしいとの思いから出た言葉だったろう。結局ピンチを切り抜け、九回も投げ切ったが、その言葉は私の心に強く残り、引退を決意した。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい