有働アナとばっちり!? 日テレのエース記者の“セクハラ疑惑” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

有働アナとばっちり!? 日テレのエース記者の“セクハラ疑惑”

週刊朝日
「news zero」の顔となる有働アナ (c)朝日新聞社

「news zero」の顔となる有働アナ (c)朝日新聞社

青山和弘記者(日テレNEWS24)

青山和弘記者(日テレNEWS24)

 安倍晋三首相とも親しいとされ、2015年には『安倍さんとホンネで話した700時間 ―安倍晋三のことがわからなすぎて―』(PHP研究所)など、政権の内幕に関する複数の本も出している。

 日テレ広報部にセクハラ疑惑について確認したところ、「事実は確認できませんでした」。報道が相次いでいることについても、「現在、各社の報道内容を精査しているところです」と、セクハラ疑惑を認めてはいない。

 ただ、有働アナを迎えて華々しくスタートするはずだった『news zero』に、水を差したのは間違いなさそうだ。

「有働氏もサブキャスターの“降板”に怒り心頭で、『どうなってんの』と激怒していたそうです。レギュラー陣の櫻井翔氏はお披露目の会見に出る予定だったがドタキャン。サブキャスターをどうするかは、今も調整中だそうです」(日テレ関係者)

 青山氏の携帯に取材を申し込んだが、連絡はなかった。

(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい