中村芝翫 歌舞伎役者は仲良しだけど、「嫉妬のかたまり(笑)」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

中村芝翫 歌舞伎役者は仲良しだけど、「嫉妬のかたまり(笑)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
直木詩帆週刊朝日
中村芝翫(なかむら・しかん)/1965年、東京都生まれ。七代目中村芝翫の次男。70年、「柳影澤蛍火」の吉松君で、本名で初舞台。80年、「沓手鳥孤城落月」の裸武者石川銀八ほかで、三代目中村橋之助を襲名。2011年、日本芸術院賞受賞。16年、歌舞伎座で八代目中村芝翫を襲名。テレビや映画、舞台などにも多数出演し、NHK大河ドラマ「毛利元就」では主役を勤めた。9月2日から東京・新橋演舞場で主演舞台「オセロー」が控える。(写真・小原雄輝/ヘアメイク・赤間久美江/スタイリング・中西ナオ)

中村芝翫(なかむら・しかん)/1965年、東京都生まれ。七代目中村芝翫の次男。70年、「柳影澤蛍火」の吉松君で、本名で初舞台。80年、「沓手鳥孤城落月」の裸武者石川銀八ほかで、三代目中村橋之助を襲名。2011年、日本芸術院賞受賞。16年、歌舞伎座で八代目中村芝翫を襲名。テレビや映画、舞台などにも多数出演し、NHK大河ドラマ「毛利元就」では主役を勤めた。9月2日から東京・新橋演舞場で主演舞台「オセロー」が控える。(写真・小原雄輝/ヘアメイク・赤間久美江/スタイリング・中西ナオ)

林:そして音楽が松任谷正隆さんなんですね。

中村:そうです。今までの「オセロー」とまったく違いますよ。

林:「ジャジャジャ~ン」とドラが鳴るような、あんな感じじゃないんですか。

中村:違うんです。ポップスっぽい要素もありますしね。彼はスタジオにピアノを持ってきて、僕たちの稽古を見て、「あ、イメージが違った」なんて言って、即興で音楽をつくり直したりしていましたよ。

林:演出が井上尊晶さんという方なんですね。

中村:僕、7年前に蜷川(幸雄)さんの作品で「たいこどんどん」というのをシアターコクーンでやらせていただきました。尊晶さんは蜷川さんのお弟子さんなんです。お稽古してると、いつも蜷川さんが座っていた位置に椅子を置いて、そこに尊晶さんが座っているので、「あ、蜷川さんがいるな」と思うんです。

林:なるほどね。

中村:蜷川さんは尊晶さんに「オセロー」のある演出プランのコピーを渡していらっしゃったんですって。だから蜷川さんがそばにいてくれるんだと思います。

林:今回の舞台は、新訳でなさるんですね。

中村:はい、河合祥一郎さんの訳です。シェイクスピアは歌舞伎に近いところがあるのかなと感じますね。前回、新橋演舞場で「オセロー」を勤めた北大路欣也さんと、このあいだ電話でお話ししたんですが、「ふつうの芝居は歌ってしゃべる(歌うように抑揚をつけてセリフを言う)と現実離れしちゃうけど、シェイクスピアは歌ったほうが現実味を帯びるよ」とおっしゃってましたね。

林:蜷川さんはシェイクスピアの「十二夜」を歌舞伎になさってましたし、確かにやりやすいかもしれないですね。

中村:これは言っていいのかどうかわかりませんが、(北大路)欣也さんがオセローをやって、(十八代目中村)勘三郎の兄貴がイアーゴーをやって、遥くららさんがデズデモーナをやった昭和63年の映像があったので、それを見たら、最近の舞台とは雰囲気が違うな、と思ったんです。歌舞伎だと昭和63年ぐらいじゃ「古い」とは思わないでしょう。そういう意味で、シェイクスピアの作品というのはいまだに進歩し続けていると思うんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい