島民の3分の1が死亡…封印された沖縄「秘密戦」の実態 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

島民の3分の1が死亡…封印された沖縄「秘密戦」の実態

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山実週刊朝日
米軍に投降した少年兵(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から。映画は東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場、名古屋シネマテークなど順次公開中)

米軍に投降した少年兵(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から。映画は東京・ポレポレ東中野、大阪・第七藝術劇場、名古屋シネマテークなど順次公開中)

陸軍中野学校が作成した文書(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から)

陸軍中野学校が作成した文書(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から)

「護郷隊」の記念写真(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から)

「護郷隊」の記念写真(ドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」から)

大矢英代監督

大矢英代監督

 長い間「住民虐殺」が明るみに出ることがなかったのは、スパイ摘発に住民が関与し、戦後もそこで暮らさねばならなかった事情が絡みあっているのだろう。ある「スパイリスト」には、軍の施設で勤労奉仕していた少女の名前まで挙がっていたという。

「施設の配置を敵に知られることを恐れた口封じのためだったみたいですが、軍隊は誰を守ろうとしていたのか」(大矢さん)

 ふたりの監督の丁寧な聞き取りの積み重ねから、戦後も沈黙を強いてきたものの正体があぶりだされていく。後半では、さらに驚くべき出来事が伝えられる。

 地上戦のなかった八重山諸島で3600人余りの命が、日本軍の強制移住によって失われた。島の住民たちは「戦争マラリア」と呼ぶ。

「わたしが『戦争マラリア』のことを知ったのは学生だった9年前」と大矢さん。

 最も被害が大きかった波照間島では、住民の3分の1にあたる約500人が亡くなった。当時マラリアの発生地帯だった西表島に、軍が強制移住を命じた。食糧難と医療も不十分なままに次々と発病。遺体の埋葬も追いつかず「浜一面が遺体だらけ」になったという。

 当時13歳、カメラの前で語る浦仲孝子さんは、家族11人のうち妹と彼女だけが生き残った。父親をみとるくだりは衝撃的だ。

「なんでそんなことになったのか。誰でも知りたいと思いますよね」と大矢さん。

 米軍は平坦(へいたん)な土地が多い波照間島を占領、飛行場を造るだろう。戦闘が起きれば、住民は足手まといとなるだけでなく、機密情報が漏れる恐れがある。強制移住は「住民保護」と称し、軍の監視下に置こうとしたのだと考えられている。

 同時に、島には2千頭余りの牛馬や豚がいた。米軍に渡れば食料となると食肉処理を命じ、肉は島のカツオ工場で薫製にされ、日本軍が持ち出したという。

 映画にも登場する川満彰さん(沖縄県名護市教育委員会文化課市史編さん係嘱託職員)は、著書『陸軍中野学校と沖縄戦』(吉川弘文館)の中で、強制疎開は「住民の証言を見ると、石垣島に駐屯していた約一万人の日本兵の食糧を確保するため、黒島と波照間島の豊富な食糧を奪うことが目的だった、という真相が見え隠れする」として、「米軍上陸の可能性」をも疑問視する兵隊の証言も挙げている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい