小学校で起きた先生の「謝罪」に大センセイは… (2/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小学校で起きた先生の「謝罪」に大センセイは…

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
本当の謝罪とは(※写真はイメージ)

本当の謝罪とは(※写真はイメージ)

 大センセイ、気安く謝罪の言葉を口にしたが、ここでもし妻太郎が、

「昨日も言ったよね」

 と一歩踏み込んでくると、展開が変わってくるだろう。

「そうだっけ?」
「ほら、ちゃんと聞いてなかったんだ」
「ちゃんと聞いてたよ。き、い、て、ま、し、た」
「何それ、ぜんぜん悪いと思ってないじゃない」
「うるさいなぁ、タオルの端っこなんてどうだっていいだろう!」

 こうしてみると、大センセイ、自分が悪かったなんて微塵も思っちゃいないことがよくわかる。許しを期待しないどころか、その場を取り繕えればそれでよかったのだ。

 だから、わが家のタオルの端っこはいまだにズレ続けている……。

 あれは、小学校五年生のときのことであった。担任は岡田先生とおっしゃった。「甘ったれんじゃねぇ」が口癖のとても厳しい先生だったが、叱り方に道理があって、大センセイ、岡田先生が大好きであった。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい