津田大介「二極化が進むネット言論の規制」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「二極化が進むネット言論の規制」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介週刊朝日#津田大介
津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

アラブ世界を一時席巻した民主化運動「アラブの春」。ムバラク大統領退陣に沸く市民=2011年、エジプトのカイロ (c)朝日新聞社

アラブ世界を一時席巻した民主化運動「アラブの春」。ムバラク大統領退陣に沸く市民=2011年、エジプトのカイロ (c)朝日新聞社

「ソーシャルメディアやブログを監視、検閲、遮断する政府の権限を強化し、政治的、社会的、宗教的規範というあいまいな基準に反する行為を犯罪化するための法律である」

 と、強く非難している。「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」も声明を発表し、この法律以外に、15年に成立したテロ対策法も政府の言論弾圧に利用されていると批判する。

 またこの法律では、規制当局から許可を得ずにウェブサイトを設置することも禁止され、規制当局には、不適切と判断したウェブサイトの遮断や、編集者に罰金を科す権限が与えられている。政府がネット上の言論統制の強化を意図していることは明白だ。

 エジプト政府が強硬なソーシャルメディア規制を進める背景には、10~12年にかけて、アラブ世界を席巻した民主化運動「アラブの春」への恐れがあるのだろう。当時、ツイッターやフェイスブックといったソーシャルメディアが、政権批判の拡散やデモの呼びかけに活用され、独裁政権の打倒に重要な役割を果たした。

 フェイクニュースに悩む自由主義国家を尻目に、権威主義国では強硬なネット規制が進んでいる。今後のネット言論を巡る状況は、二極化が進んでいくのかもしれない。

週刊朝日 2018年8月10日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『情報戦争を生き抜く』(朝日新書)

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい