「歯科治療が1回で終わらないのは歯医者がもうけたいから?」 現役歯科医の答えとは? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「歯科治療が1回で終わらないのは歯医者がもうけたいから?」 現役歯科医の答えとは?

連載「歯科医が全部答えます! 聞くに聞けない「歯医者のギモン」」

このエントリーをはてなブックマークに追加
若林健史週刊朝日

若林健史(わかばやし・けんじ)/歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

若林健史(わかばやし・けんじ)/歯科医師。若林歯科医院院長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事、日本臨床歯周病学会副理事長を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演

「複数回の処置を一度にまとめてできないのか?」は、基本的に「できない」(※写真はイメージ)

「複数回の処置を一度にまとめてできないのか?」は、基本的に「できない」(※写真はイメージ)

歯周病進行度のセルフチェック(『日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方』日本歯周病学会、 日本臨床歯周病学会[著]から)

歯周病進行度のセルフチェック(『日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方』日本歯周病学会、 日本臨床歯周病学会[著]から)

「むし歯一つになんで何回も歯医者に通わなければいけないの? いっぺんに治療して!」と不満を持つ人は少なくないでしょう。なぜ歯医者では何日もかけて治療をするのでしょうか。テレビなどでおなじみの歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

【歯周病のセルフチェックができる14項目リストはこちら】

*  *  *
「歯医者は1回で治るものを小分けにして、もうけているんじゃないか?」

 そんなふうに思っている人は多いようですね。でも、それは違います。もちろん、1回で終わる治療は、数は少ないですが、あります。代表的なのがエナメル質にとどまる初期のむし歯。むし歯を削った後、その部分にコンポジットレジンという詰め物をするだけで、歯科医にとっても簡便な処置になります。すべての治療がこの程度で終われば歯科医としても楽ですが……。

 多くの患者さんが治療のイメージとして持っているのが医科での治療でしょう。おなかが痛い、熱が出たなど、具合が悪くなった患者さんをすぐに治してくれるのが「いいお医者さん」ということになると思います。しかし、歯科では逆です。1回で治療をすべて終わらせてしまうようでは、かえって危ないのです。

 それは歯科ならではの病気の特殊性があります。例えば風邪の場合、処方された内服薬を服用して安静にしていればほとんどの場合は次第に回復していきます。

 しかし、むし歯であいた穴が自然にふさがることがないように、歯科の病気の多くは、自然の経過ではよくならないため、治すための処置が必要になります。

 さらに歯科にやってくる患者さんのほとんどは痛みや腫れなど、何らかの症状が出て慌てて来院されるため、病状が進行している場合が多く、歯を削ったり、修復物を入れたりするために、複数回の処置が必要になるのです。

「では、複数回の処置を一度にまとめてできないのか?」

 という疑問が出てくると思いますが、これは基本的にできません。修復物の作製に日数がかかる場合(最近では歯科用のCAD・CAMシステムで修復物を作製する歯科もあり、その場合、その日のうちに治療完了ということもあります)や保険診療のしばり(別々の日にやることが決まっている)などの理由もありますが、なにより一番は、「まとめて処置をおこなうことで、患者さんのからだに負担がかかるため」です。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい