ギャンブルで5億円負けた貴闘力が警告「カジノ依存症対策なんて意味ない」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ギャンブルで5億円負けた貴闘力が警告「カジノ依存症対策なんて意味ない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日
元関脇の貴闘力さん

元関脇の貴闘力さん

 いまでも海外のカジノで遊ぶことがあるという。

「韓国のカジノとかへ行くんだ。夜中でも飛行機便があるから、午後11時に仕事が終わったら午前2時の便で行って、3時間やってすぐ帰る。寝ないで楽しむんです。バカラやブラックジャック、ポーカーなどをやります。最近はポーカーにはまっている。心理戦で面白い」

 貴闘力は引退後、親方になったが、野球賭博問題で日本相撲協会を解雇された。「もう二度とギャンブルはやらない」と、これまで何回も宣言してきた。記者も聞いたことがあるが、こう笑う。

「もうやらないですかと聞かれたから、考えとくよといっただけ。最近は忙しいけど、寝る時間は減らすが、ギャンブルをやる時間は減らさない。この前はボートレースで10万円もうかった。3レース予想して、3レースとも当たった。ところが、スタッフが1レース目しか買ってくれてなくてね。全部賭けてたら2000万円もうかってたのになぁ」

 貴闘力さんの本音トークを聞くのは面白いし、勝ち負けは自己責任だ。だが、カジノ解禁でギャンブル依存症の人が増えるとしたら、自己責任ですむ問題ではない。(本誌・上田耕司)

※週刊朝日オンライン限定


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい