魚食が“健脳”につながる理由を“養生”帯津先生が明かす

「健脳」養生法――死ぬまでボケない

ヘルス

2018/07/02 07:00

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「食養生」。

あわせて読みたい

  • 肉を食べるのは体にいい、それとも悪い? 医師・帯津良一の考え方
    筆者の顔写真

    帯津良一

    肉を食べるのは体にいい、それとも悪い? 医師・帯津良一の考え方

    週刊朝日

    12/3

    夏の脱水は脳血管疾患リスクに 医師が教える「血液を健康に保つ」食養生

    夏の脱水は脳血管疾患リスクに 医師が教える「血液を健康に保つ」食養生

    セルフドクター

    7/15

  • 認知症予防に有効? 「強化食品」の魚肉ソーセージ

    認知症予防に有効? 「強化食品」の魚肉ソーセージ

    週刊朝日

    7/4

    ちょっといい調味料を使って、いつもの食卓をアップグレード!<食用油編>

    ちょっといい調味料を使って、いつもの食卓をアップグレード!<食用油編>

    tenki.jp

    8/4

  • 硬くなっていく血管をケアするには? 医師がすすめる日々の食事と運動の方法

    硬くなっていく血管をケアするには? 医師がすすめる日々の食事と運動の方法

    セルフドクター

    11/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す