“出前医者”が語る死生観 「孤独死はマスコミの報道が良くない」のワケ

ヘルス

2018/07/02 07:00

 命を救うのが医師の仕事である一方で、「命の終わり」を提示するのも医師の務め――。救急や外科手術、がんやホスピスなど死に直面することが避けられない現場で日々診療を行っている医師20人に、医療ジャーナリストの梶葉子がインタビューした『医者の死生観 名医が語る「いのち」の終わり』(朝日新聞出版)。その中から、自ら「出前医者」と呼び、在宅診療で患者のもとに出向きながら多くの患者を支えてきた、医療法人アスムス(栃木県小山市)理事長の太田秀樹医師の「死生観」を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    「寝たきりはイヤ」ドクターG・林寛之医師が実父のためにしたこととは

    dot.

    3/10

    「家から死人を出したくない」家族も 森鴎外の孫・小堀医師が語る“在宅死”の課題

    「家から死人を出したくない」家族も 森鴎外の孫・小堀医師が語る“在宅死”の課題

    週刊朝日

    1/5

  • 「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    「人が死んでいく過程を子どもにも見せてほしい」 辣腕救急医が語る「死生観」

    dot.

    3/9

    「尊厳のある死とは口から食べられるかどうか」ドクターG・山中克郎医師の死生観

    「尊厳のある死とは口から食べられるかどうか」ドクターG・山中克郎医師の死生観

    dot.

    4/8

  • 「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    「口から食べられない=寿命」変わる死生観で「自然死」急増の予兆

    週刊朝日

    3/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す