誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

誰も父の「引導」渡せず 大センセイ、「患者も殺す」抗がん剤に疑問

連載「大センセイの大魂嘆!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田清機週刊朝日#山田清機
「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

「患者も殺す」抗がん剤に疑問(※写真はイメージ)

 SNSで「売文で糊口をしのぐ大センセイ」と呼ばれるノンフィクション作家・山田清機の『週刊朝日』連載、『大センセイの大魂嘆(だいこんたん)!』。今回のテーマは「抗がん剤」。

*  *  *
 昭和ヒト桁生まれの親父が亡くなって、あっという間に二年がたった。大センセイ、親父の死については、書き残しておきたいことがたくさんある。

 親父が体の不調を訴えたのは、二〇一三年のことであった。右の腕が腫れ上がって、痛くてたまらないという。以前から腰痛があって地元の整形外科にかかっていたのだが、かかりつけ医の診断は頸椎の変形から来る痛み、であった。

 昭和ヒト桁は、我慢強い。しばらくの間は、湿布を貼ってしのいだ。しかし、一向に痛みが引く気配はなかった。ついに耐え切れなくなって救急病院に担ぎ込まれると、血液の状態が悪いということで、地元の総合病院に入院となった。

 検査の結果ついた病名は「蜂窩織炎の疑い」。細菌に感染した可能性が高いというのである。頸椎とは何の関係もない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい