清宮幸太郎と大谷翔平の共通点は? 東尾修が指摘! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

清宮幸太郎と大谷翔平の共通点は? 東尾修が指摘!

連載「ときどきビーンボール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修週刊朝日#東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝

速球を力強く捉え、変化球にも対応する末恐ろしいルーキー清宮(c)朝日新聞社

速球を力強く捉え、変化球にも対応する末恐ろしいルーキー清宮(c)朝日新聞社

 西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、清宮幸太郎選手と大谷翔平選手の共通点について、持論を展開する。

【プロ初本塁打のボールを披露する日本ハムの清宮選手】

*  *  *
 出たね。9日のオリックス戦で日本ハムドラフト1位の清宮が1号ソロを右翼席に放った。ドラフト制以降でデビューから出場7戦連続安打は新記録だという。本塁打で決めるとは、さすが「アーティスト」だと思うよ。

 高めに浮いたカットボールに自然と反応した。デビューから甘い速球に対しては強い打球が出ていたが、低めに沈む球を打たされている打席もあった。追い込まれると、より厳しいコースに球は来る。今はファーストストライクを強くたたくことが大事だ。打ったのは初球。見事だった。

 エンゼルスの大谷と共通するのは、初球から自分のスイングができることだ。安打を欲しがって当てるだけの打撃では、7試合連続で安打なんて出ない。もっと速い球に差し込まれるかと思ったが、速球は力強く振れる上に、変化球も捉えるのがうまい。同日に2千本安打を達成した内川は、かつてテイクバックをしっかりとれず、速球に差し込まれ、変化球には手打ちになっていた。大記録まで積み上げてきた内川も「自分が自分じゃなくなる感覚だった」として「最近だと、清宮君は常にこんな感じかなと。今日はホームランを打ったと聞いた。普通に結果を出すのはすごい。尊敬しかない」と続けた。それだけ難しいことを清宮はやっているということだ。

 メンタルが強い点でも大谷と共通している。清宮はプロの世界、大谷はメジャーの舞台に飛び込んだ。オープン戦の時期は、清宮は状態の悪さに苦しみ、大谷も投打に結果を出せなかった。だが、公式戦に入ったら違った姿を見せる。メジャーの世界でも壁を感じさせないスケールを持った選手が出てきたことは驚きでもある。清宮も高卒でありながら、プロの球、緩急にまったく手も足も出ないといった雰囲気は感じない。

 栗山監督も多少のことで清宮を外したりはしないだろう。交流戦のセ・リーグ主催試合ではDHがなくなり、主砲中田が一塁に入れば、清宮は外野を守ることになる。最初はミスが出るかもしれないが、清宮の立ち振る舞いを見れば、一つや二つのミスで精神的にやられることもない。栗山監督はそう見ているはずだ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい